MENU
TEL 0282-20-5300
電話番号クリックで電話をかける
メニューを閉じる

農地所有者及び農地借受け者の双方の合意により、
農地の貸し借りを行う事業です。

栃木市農業公社(農地利用集積円滑化団体)が、利用調整を行って農地を面的にまとめることにより、農業者(担い手)が効率的に利用できるようにする農業経営基盤化促進法に基づく仕組みです。

農地所有者からの委任(白紙委任契約)を受けて、農地所有者を代理して農地の貸し付けを行います。
(※この事業を活用する場合は、農地所有者は、受け手の指定をすることは出来ません。)

※農地バンクに登録された農地を含みます。

農地利用集積円滑化事業

メリット

  • 農業委員会等への許可申請は、不要となります。
  • 書類作成等の手続きは、農業公社が行いますのでわずらわしさがありません。
  • 契約期間満了時には、トラブルの心配はなく確実に土地が戻ります。

実施区域

  • 市内の農業振興地域内の農地

貸借期間

  • 原則として、3年以上となります。

賃貸借料

  • 貸し手と借り手の話し合いで定めます。
    ※次のような場合は、引き受けできないことがあります。
    • 相続登記がされておらず、相続人の同意が得られない場合
    • 共有農地の場合、共有者の同意が得られない場合
    • 耕作に適していない農地(山林化など)

申請書類

農地所有者 ・白紙委任契約書(2部)
・利用申出書(所有者)
・同意書(未相続農地・共有農地の場合)
耕作者 ・利用申出書(耕作者)
共通 ・利用集積計画書(所有者・耕作者・農業公社)
PAGE TOP